『レゴ(LEGO)ロボット』遊んで学ぶゲーム感覚プログラミング

サイトマップ

2020年小学校必修化プログラミングは親子一緒に遊んで学ぼう

「LEGO(レゴ)WeDo」
↓↓詳細はコチラ↓↓

5歳からのLEGOロボットプログラミング





2020年から、小学校ではプログラミングが必修化になりましたね!


俺、パソコン苦手なんだ・・・
私、PCの使い方あまり知らないんだよね・・・
プログラミングを教えて!って聞かれても教えられない・・・
お家の近くにプログラミングスクールないしな・・・


小学校入学前や小学生の親御さんたちの声がたくさん聞こえてきていますが・・・


お父さん・お母さん大丈夫。安心して!!

2020年から小学校必修化になるといっても、プログラミングを扱う新しい教科が出来るわけじゃないんです!!

「プログラミング的思考(論理的思考力)」を養うことが目的とされていて

ざっくりとですが、算数ならプログラミングを使って図形を作ってみたり 理科なら懐中電灯にセンサーを取り付け光り方を自分たちで作ったりといった勉強方法。

物作りとプログラミングから、どうすれば物が動くのか・なぜ動かないのか トライ&エラーから考える力を養っていくというもの。

今からでも遅くない!
お父さん・お母さん 子ども達と一緒にゲーム感覚で「LEGO(レゴ)WeDo」プログラミングで遊ぼう


LEGO WeDo(レゴ)ロボット1




レゴ(LEGO)好きにはたまらない!親子で遊べるLEGOロボット

LEGO好きにはたまらない!
親子で遊べる『レゴ(LEGO)ロボット』


子ども達、レゴ(LEGO)が大好きですよね!

親子仲良くレゴ(LEGO)を組み立てていると、これが動けばよいのにな〜と思ったことはありませんか?

なんと!!
組み立てたレゴ(LEGO)が タブレットやPCで動かせるようになるんです!


5歳から遊んで学べる
『レゴ(LEGO)ロボット』が発売されました!


『レゴ(LEGO)ロボット』年齢に応じて2種類用意されています。

1.5歳から遊んで学べる「レゴ(LEGO)WeDo」

2.10歳から教育版「レゴ(LEGO)マインドストーム」

遊びながら楽しくプログラミングを学ぶことがコンセプト!多くのプログラミングスクールで教材として扱われています!

レゴプログラミング



PCやタブレットを使ってレゴ(LEGO)に指令を与え動かして遊びながら学ぶ『レゴ(LEGO)ロボット』

プログラムと言っても、C言語やPython言語などの難しいプログラム言語を使いません!

PCやタブレットで子ども向けのプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」タイプのブロックの絵を組み合わせてLEGO(レゴ)を動かしていきます。

5歳からでもLEGOロボットを組み立て遊びながら実際に動かすことで、物づくりとプログラムの基本が自然と学べプログラミン的思考が養えます!

ゲーム感覚で学べる子ども向けのプログラミング『レゴ(LEGO)ロボット』は、ワークブック6冊の基礎から組み立て方とプログラムを発展させれば沢山の種類のロボットが作れます!

LEGO組み立て一覧1
LEGO組み立て一覧2

5歳から遊べる「LEGO(レゴ)WeDo」

5歳から遊べる「LEGO(レゴ)WeDo」は、レゴを組み立て動かすことでプログラミング的思考が自然と養える遊んで学べる楽しい教材

プログラム的思考図解



プログラム的思考要素は3つ
1.組み立て・・・LEGOでロボットを組み立てていきましょう。

2.プログラミング・・・ブロック型プログラミングを組み合わせ、LEGOロボットを自分の思うようにプログラミングしてみましょう。

3.動かす・・・自分の思い通りのプログラミングが出来上がれば、LEGOロボットを動かしてみましょう。

遊びながら「楽しい!!」経験が「学び」につながる『LEGO(レゴ)WeDo』

LEGO(レゴ)ロボットが動かなかったときは何故なんだろう?を考え 遊びの中からトライ&エラーを繰り返すことでプログラミング的思考が自然と身につきますよ!

5歳から遊べる「LEGO(レゴ)WeDo」ワークブック1は、確認事項があるので子ども達と一緒にお父さん・お母さんも遊んでくださいね。

LEGOワークブック1「マイロ」


*「化学探査機マイロ」学習内容
ステップ課題数:5(目安時間:およそ85分)
ちゃれんじミッション:5(目安時間:およそ85分)

・ブロックパーツの確認
・モーターの動かし方
・ソフトウェアの使い方
・プログラムの作り方
・ロボットの動かし方


「LEGO(レゴ)WeDo」ワークブック1「化学探査機マイロ」はプログラミングでどんな動きをするのか動画で見てみましょう!

ワークブック1動画





「レゴWeDo2.0」生の声口コミ集




「LEGO(レゴ)WeDo」はプログラミングスクールでも教材になっている優れ玩具

「LEGO(レゴ)WeDo」の凄いところは、プログラミングスクールで教材に!

家の近くにプログラミングスクールが無くても、お家で「LEGO(レゴ)WeDo」で遊ぶだけで自然と学べるプログラミング。

「LEGO(レゴ)WeDo」は5歳から遊べるので、小学校入学前からプログラムに触れ合いながら遊べば小学校入学後のプログラミングも安心!!

LEGO WeDoセット内容


LEGO WeDo セット内容
※LEGOレゴWeDo 2.0基本セット
※WeDo2.0 for home by アフレル1号(マイロ)
※宇宙探査シート
※WeDo2.0 for home by アフレル2号(しゃくとりくん)
※お花畑シート
※WeDo2.0 for home by アフレル3号(ざうるすさん)
※じゅらしっくシート
※WeDo2.0 for home by アフレル4号(あひるちゃん)
※はす池シート
※WeDo2.0 for home by アフレル5号(うさぎさん)
※はらっぱシート
※WeDo2.0 for home by アフレル6号(はらぺこくまちゃん)
※森のお店屋さんシート
※すてっぷファイル
※すてっぷシート


子ども達のアイディアは無限大☆
遊びながら天才の目を伸ばしていきましょう!


「LEGO(レゴ)WeDo」価格:32,700円(税込 35,970円)

LEGO WeDoコストパフォーマンス



プログラミングスクールに通うと、教材費など含めて月に約2万円ほど・・・

とってもお値打ち価格の「LEGO(レゴ)WeDo」は月に約 3,000円!

【特別な贈り物に】
誕生日プレゼント/クリスマスプレゼント/進学祝い/進級祝い

LEGO(レゴ)WeDo 公式HP

「レゴ(LEGO)ロボット遊んで学ぶゲーム感覚プログラミング」について

Copyright © レゴ(LEGO)ロボット遊んで学ぶゲーム感覚プログラミング. All rights reserved